人事評価制度や社員意識調査・モチベーション向上、組織・意識改革アウトソーシングサービス

アウトソーシングサービス

アウトソーシングサービスメニュー

基本パック
  • 社員意識調査(オプションメニュー)
  • 事方針の確認
  • 現状把握と課題点の抽出
  • 人事労務制度体系図・職務基準書等の概略作成
  • 評価項目の選定と評価シートの作成
  • 賃金制度構築と新制度への移行スケジュール確認
  • 評価マニュアル作成と運用支援(オプションメニュー)
  • 人事評価者研修(オプションメニュー)
オプションメニュー
  • 社員意識調査
  • 人事労務制度運用支援
  • 人事評価者研修

人事労務制度改正のコンセプトと4つのポイント

すべての社員が満足する人事評価制度は存在しないのかもしれません。だからと言って、日常業務における「職務遂行能力」・「勤務態度」の適正な評価をしなくてよいわけではありません。必要最低限な評価制度でも適正な評価はできるものです。つまり、「多くの社員が納得できる制度を構築し、それを維持・改善し続ける」ことが大切なわけです。

例えば、組織内において「規律性」と「責任性」を全社員が意識していなければ、その組織は崩壊してしまいます。また、全社員が規律と責任に優れていたとしても、「協調性」と「積極性」がなければ、その組織は発展・成長していきません。人事評価制度には、様々な評価要素の中から、社員の経験や知識量によって、求める要素のバランスが重要になります。

評価要素のバランス(一例)

当社では、企業の特色(文化や風土)を損なうことなく、その企業にあった「人事評価制度の構築」をサポートしていきます。

具体的には、次のポイントを押さえながらコンサルティンクを行っていくことになります。

4つのポイント
運用可能な給与体系の設定 (諸手当は複雑にせず、あまり例外を作らない)
残業代を正しく計算する
労働・社会保険料を正しく計算する
雇用契約書の労働条件を遵守する

評価制度の精度・完成度よりも「運用可能な制度であること」が最も重要視するポイントになります。そして制度を継続的に運用する中で、企業規模や人材レベルに合わせて適時進化させていくことが大切だと考えます。

社員の意識調査を実施し自社をチェック!!

当社の「社員意識調査」では、5つのカテゴリー別(「経営姿勢」・「職場環境」・「人間関係」・「労働条件」・「将来ビジョン」)に問題点を浮かび上がらせ、その改善をはかっていくものです。  まずは、社内の課題や改善事項を把握し、どのような人事労務制度を作成するかの道筋を見極めることから始めましょう。

【意識調査項目サンプル】
※サンプルをクリックすると拡大します。

意識調査項目サンプル

【調査結果サンプル】
※サンプルをクリックすると拡大します。

調査結果サンプル
  1. お問い合せ -inquiry-
  2. オフィシャルブログ -official blog-

最新情報を会員様へお届け!無料メルマガ登録

人事労務制度改正時のポイントや注意点を分かりやすく解説し、6回シリーズでお届けします。





>>利用規約を読む

SPR認証

当社は全国社会保険労務士会連合会より個人情報について適切な取り扱いが行われていることの認証を受けています。